ページ 1,255 / 1,256110201,2521,2531,2541,2551,256

各種カバーのファスナー

以前、ブレインポリスのファスナーを紹介したので他の他社製のも比較してみます。

A&J製(ツーウェイトリコット)ファスナー
aj_2wt_fastener1.jpgaj_2wt_fastener2.jpgaj_2wt_fastener3.jpg

A&J製(スムースニット)ファスナー
aj_sn_fastener1.jpgaj_sn_fastener2.jpgaj_sn_fastener3.jpg

A&J製カバーのファスナーはどちらもカバーの幅の割にファスナー部分の幅が狭く、本体を入れるときにかなり苦労させられます。

A&J製(スムースニット)新ファスナー
aj_sn2_fastener1.jpgaj_sn2_fastener2.jpgaj_sn2_fastener3.jpg

最近のA&J製カバーではファスナー部分が若干広がっているようで、以前よりは入れやすくなっているように感じました。

上記いずれのA&J製カバーのファスナーの場合、中身が入っていない状態でのファスナー周辺は周りの生地が覆い被さる感じで、一見保護されてるのかなという感じがしましたが、中身を入れた状態では完全に広がった状態で覆い被さることはないです。

続きを読む…

キーワード:
この記事のURL:
投稿者 by 羅魅亞★ on 2008年4月10日 am6:13 | 抱き枕メモ

キャラクターの位置とサイズ

色々な抱き枕カバーを手にして感じたことを少々…

キャラクターの位置についてなのですが、抱き枕では殆どの場合そのキャラクターと一緒に寝るという事を想定して描かれているはずなのですが、モノによってはどう見ても立っているか、何か別のことをしているようなスタイルで描かれている場合があります。
(企業モノに多く、何か別のポスター用の版権をそのまま流用しただけだったり、あまりにもポーズを作りすぎな感じのものです)

rude1.jpgrude2.jpgrude3.jpgrude4.jpg

これは抱き枕(特に抱いて寝るという用途)で使うには不適切なので出来れば止めていただきたいところ…。
足が切れてる絵も論外…。
(これでは高い布製のポスター(タペストリー?)でしか無いです。実際、デキの悪いモノはそのようにしか扱われていない場合が多いですし…)

頭の位置についても、通常ベッドなら枕があってそこに頭を置いて寝ているイメージになるはずですが頭の位置が異様に低かったり、場合によっては足の位置で揃えられているパターンもありました。
(多くの場合、枕の中央位置とキャラの中央位置で合わせた感じ)
これは抱いて寝るという用途ではなく、単にポスター的な手法で描かれたモノなので、抱き枕としては適していません。

基本は一緒に寝た状態でちょうど顔と顔が向かい合って目が合う位置に来るのが理想です。
(少し遠慮目に描かれてる場合がありますが、抱き枕での場合それは一生遠慮されているという事になるので、目が合ってちょっと恥ずかしいと思うぐらいが丁度良いのです!)

続きを読む…

キーワード:
この記事のURL:
投稿者 by 羅魅亞★ on 2008年4月10日 am1:59 | 抱き枕メモ

ブレインポリス製カバーのファスナー

最近着々と種類を増やし続けてるBrainPOLICEが販売の抱き枕カバーなのですが、最近入手したカバー(剣乙女ノア叢雲さくら)はいずれもファスナー位置が上にあるのが難点。

bp_fastener1.jpg bp_fastener2.jpg

ただ、ファスナー自体はかなり工夫されていて、ファスナーを閉じた状態だと
エレメント部分(かみ合う部分)が全く見えず完全に生地で覆われているので
この点に関しては優秀です。

ただ、やはり上にあるのは難点なので次からは是非とも下にしてもらいたいところ…

ちなみに写真を見て気づくと思いますが、このカバーの生地はとても薄くて
枕本体の生地のシワが表面にもひびいてしまってるので、きっちり合った本体を用意したいところ…
(現状は170×60の本体に対して150×55のカバーをはめている状態なので
本体側の生地があまってそのシワが見えてしまっています。)

キーワード:
この記事のURL:
投稿者 by 羅魅亞★ on 2008年4月8日 pm4:42 | 抱き枕メモ

抱き枕カバーを製造するメーカー

抱き枕カバーを製造するメーカーの中から代表的な所を少々紹介します。
※この記事は2008/4時点での情報を元に作成しています。

A&J(エイアンドジェイ)
一般的な布系の商品を扱っているところで、主に企業からの受注生産を行っている会社です。
抱き枕カバー製造も製作会社からの受注で生産を行っていて、品質もかなり上位に位置しています。
生地の種類も豊富で最近まで主流だったスムースニットから新たにツーウェイトリコットにも対応して更に幅を広げています。
現在、企業モノ抱き枕カバー製造のデファクトスタンダードになっています。

SEIREN(セーレン)
セーレン自体はかなり多岐にわたる製品を製造している会社で、そのなかの一つに布系のグッズの製造も行っている会社です。
抱き枕カバーの製造にはビスコテックスという窓口を用意していて、こちらから企業・及び個人サークルなどの受注を受け付けています。
抱き枕カバーとしての品質は以前は上位に位置していましたが、A&Jの登場後現在は中位に位置しています。
補足:2008~2009年にかけて新たにサンペイク/ロイカ生地を投入すると同時に印刷解像度も格段に向上した為、現在はA&Jとほぼ同じ程度の位置づけになってきているようです。

P80(プリントエイティ)
こちらは各種印刷を行う会社で、個人及び企業からの受注生産を行っている会社です。
抱き枕カバーの製造も個人・企業の区別無く受け付けていて、単品からの受注も可能です。
抱き枕を作るための情報も多く提供しているので始めてでも気軽に依頼することが出来ます。
また、こちらのホームページ上にあるギャラリーから画像をピックアップして製造してもらうことも可能で、大きさや生地なども自由に選ぶことが可能です。
品質もかなり上位に位置していて、個人受注ではスタンダードな位置づけになっています。

続きを読む…

キーワード:
この記事のURL:
投稿者 by 羅魅亞★ on 2008年4月8日 pm4:39 | コメント(1) | 抱き枕メモ

抱き枕カバーの入手方法について

抱き枕カバーは主にゲームキャラやアニメのキャラクターをプリントしたモノが多く、ゲームグッズやアニメグッズを扱ってるショップで多く見かけることが出来ます。また、抱き枕カバー専門に扱ってるところや、製造元が直接販売している例もあります。他にはゲームメーカーなどが限定品として期間限定で直販を行っていたり、ゲームを販売するショップでは特典として独自のカバーを作って付けている場合もあります。

(ゲームやアニメのキャラクター以外にもリアル人間の写真をそのまま抱き枕にしたものもありますがそこら辺については自分の守備範囲外なので省かせていただきます。)

あと、個人作成(同人グッズ等)のカバーなどは同人即売会や同人ショップでの委託販売の他、個人ホームページなどでの通信販売などもあります。

それ以外としてはオークションで入手できる場合もありますが、どうしても欲しいモノがある時以外はあまりオススメしません。
また、最近はニセモノも多くなってきているので注意してないと劣悪なモノを掴まされる場合もあるので要注意です。

キーワード:
この記事のURL:
投稿者 by 羅魅亞★ on 2008年4月8日 pm4:39 | 抱き枕メモ

ページ 1,255 / 1,256110201,2521,2531,2541,2551,256