ページ 1 / 212

《本体レビュー》[P80]ウレぷにクッション

P80(プリントエイティ)にて新たに受注開始された新感覚中身クッション「ウレぷに」のレビューです。
(品物自体は1ヶ月ほど前に届いていましたが、途中コミケラッシュがあった為に先送りしていました。期待して待っていた方がいたようで申し訳ない。m(_ _)m)

●注文から到着まで
受注受付自体は7/2より開始されてましたが少し間を置いて7/16(金)に注文して、届いたのは7/29(木)でした。途中祝祭日を挟んでましたが実質13日(2週間弱)で届きました。
※注文手順については後述しますが、基本的には以前紹介した方法とほぼ同じです。

●梱包状態
梱包は無地の段ボール箱(46×31×29cm)で、中は緩衝材などは無くクッション本体を2つ折りで簡易圧縮されたものを更に2つ折り状態で入ってました。(実質4つ折り状態)
梱包状態 開梱状態
圧縮状態は以前注文の90×90cm本体と同様、専用圧縮袋ではなく厚手のビニール袋の口をきつく絞って空気を抜いた簡易圧縮状態なのでA&J製本体等のように完全に空気が抜かれた状態ではなくて多少膨らみが残る状態で圧縮されてました。
圧縮状態 圧縮の絞り部分
今回注文したのはウレぷに50サイズ(160×50cm)で中綿は1割増量を指定しました。(先に注文された方の報告で無増量では薄いという話だったので今回は増量を指定させて頂きました。)
開封状態 ウレぷに50 増量
封を解くと直ぐに膨らみ始めて、少し時間をおけば完全ではないがだいぶ膨らんだ状態にまで戻りました。その後は横から叩くなどして中綿をほぐして更に膨らみを復元させると良いです。
(側生地直下は全面ウレタンフォームで包まれていて直接中綿に触れることは出来ないので、側面を叩くなどして中綿に空気を含ませるしかありません。)

続きを読む…

キーワード:
この記事のURL:
投稿者 by 羅魅亞★ on 2010年8月31日 am3:25 | 抱き枕レビュー

[P80]新感覚中身クッション「ウレぷに」 7/2より受注受付開始

P80(プリントエイティ)より、ウレタンを使用した新感覚中身クッション「ウレぷに」が7/3(土)より受注受付開始のようです。
追記7/2詳細情報が公開され、受注受付が開始されました。
※構造は側生地が2WT、中材(外)がウレタン、中材(内)がシリコン綿の3層構造
※中材(ウレタン)加工の都合、サイズは現状2種類(160×50cm,140×50cm)のみに限定
※注文フォームでは既存本体受付と共通なので任意サイズまで指定可能になってますが、ウレぷに選択時は既定サイズのみとなるので注意。
※納期は何れも2週間

P80(プリントエイティ)ウレぷにクッション
ウレぷにクッション 仕様:抱き枕本体 (無地、中綿入り、ファスナー無)
側生地:ツーウェイトリコット
中材(外):ウレタン
中材(内):シリコン綿
サイズ:50(160×50cm),50s(140×50cm)
製造元:P80
製作販売:P80
販売形態:Web受付(受注生産)
価格(50):¥9,450 (税込)
価格(50s):¥8,820 (税込)
送料:別途
支払方法:銀行振込(先払),郵便振替(先払),代金引換
受注開始:2010/7/2(金)~
納期:受注後2週間

キーワード:
この記事のURL:
投稿者 by 羅魅亞★ on 2010年7月2日 pm8:17 | 抱き枕情報

《本体レポート》[P80]ふにプニクッション(90×90cm)

P80(プリントエイティ)より、少し前に注文していたふにプニクッション(90×90cm)が到着しました。いつもと少し違う梱包だったので、ちょっとだけレポートします。
注文したのはふにプニクッションのカスタムオーダーサイズ(90×90cm)中綿2割増量で、これはBigクッションカバーでの使用を目的に注文しました。
(※カスタムオーダー手順についてはこちらを参照)

実際に注文したのは9月16日で届いたのは10月2日、途中連休を挟んでたのでいつもより少し長い16日間で届きました。
梱包状態 開梱状態
梱包箱の大きさはいつもの抱き枕サイズを梱包してるものとほぼ同じ46×31×29cmですが、中は少し圧縮された状態の二つ折り状態で入ってました。
圧縮は特に指定してませんでしたが、オーダーしたサイズが半端に大きいので圧縮する事になったようです。(通常抱き枕サイズの場合は圧縮無しで二つ折り状態で縦又は横に梱包されてます。)
圧縮状態(表) 圧縮状態(裏)
圧縮自体は専用袋ではないので簡易的に空気を抜いて口をきつく絞っただけのようです。また、圧縮状態も専用袋時とは違い軽く箱に入る程度に縮ましただけの状態で、開封すると直ぐに元通りの状態になりました。

続きを読む…

キーワード:
この記事のURL:
投稿者 by 羅魅亞★ on 2009年10月5日 am4:55 | コメント(1) | 抱き枕レビュー

[マイコミジャーナル]抱き枕工場!(後編)

マイコミジャーナルにてP80(プリントエイティ)抱き枕工場の様子のレポート記事(後編)が掲載されました。前編と合わせて是非見てみましょう。^^

今回は抱き枕工場(P80)の2階の様子です。倉庫と言うことなのですが、予想通り(?)発送前の抱き枕達がいました。(抱き枕erにとっては楽園?…ただ、次から次へと嫁いで行ってしまいますけどね^^;;)

抱き枕本体は基本的に非圧縮梱包するのでこのような状態で保管されてるようですね。…なんかちょっと雑然としてますけど(–;;

枕本体もやはり外注しているようで、ここでは最終発送前の保管場所となっているようです。

こちらの写真魔法のかんづめで以前販売した巨乳売り子貧乳魔法少女のようです。記事のコメントにある通り巨乳と貧乳です。w

こちらのハンディサイズのやつ前方不注意ゆたか・みなみ・ひより抱き枕のようです。

2400枚刷ったというやつはこの雑誌ではなくCOMIC天魔2006年9月号の応募者全員サービスのものらしいです。

「女性からの注文で、実写の芸能人の等身大抱き枕というのがありましたね。あとは大きさで言えば、1メートル×2メートルというのが最大かな? 男性のヌードのイラストでしたけどね」…

女性からの実写等身大というのは判るのですが、1x2mの特大な男性ヌードイラストでしかも男性からの依頼っていったい…?!(汗

「個人で楽しむ範囲のものであれば、基本的になんでも受け付けます」という事なので、依頼さえあればどんなモノでも作りますって事ですね^^;;

こちらの写真生地のサンプルを請求したときに送られてくるモノです。一通りの生地にサンプル画像が印刷された状態のモノなので、どんな生地でどんな仕上がりになるのかこれで実際に見ることが出来ますので、どんなものなのか知りたいときには是非取り寄せてみましょう。

ちなみに、取材した時期は写真に写ってる各抱き枕カバーの販売&発送時期から予測して4月下旬~5月上旬あたりかな。

キーワード:
この記事のURL:
投稿者 by 羅魅亞★ on 2008年6月3日 pm8:13 | 雑記

[マイコミジャーナル]抱き枕工場!(前編)

マイコミジャーナルにてP80(プリントエイティ)抱き枕工場の様子のレポート記事(前編)が掲載されています。なかなか興味を引く様子が紹介されていますので是非見てみましょう。^^

入り口にはなんか見覚えのある段ボール箱の山が…。多分コレって抱き枕本体の箱の気がします。(ちなみに小さい方は1つ入り、大きい方は2つ入りのはず…)

…昇華転写って直接布地に印刷するんじゃなくて一旦紙地に印刷してから転写するような感じなのね。なかなか手間のかかる作業のようです^^;;

ちなみにこの写真に写っている印刷機はこの機種シリーズの様ですが、ただ単にこのプリンタを使えば抱き枕カバーが作れるかというとそう簡単なモノでも無いでしょう。ましてやP80のような高品質ともなるとそれなりに印刷屋としてのノウハウも積んでるだろうし…。

印刷は表裏まとめて印刷だけど、抱き枕1体分ずつの印刷のようで、これまた手間のかかる^^;;

(確かシルクスクリーン印刷とかの場合だと片面だけ連続まとめて印刷して後で裁断して縫い合わせるという量産方式を採っているはず(以前どっかの記事で片面だけずらっと並んで印刷されてた様子を見た記憶があります)ですが、P80の場合だと単品オーダーも多いのでこういう1体分ずつの方式を採っているようですね)

ちなみに、この前編に出てきている抱き枕カバーの絵柄は前半幼好炉のヘンリエッタで、後半は片方がイラストゲリラ(NAKA)苛下玲奈-2nd-(下着)でもう片方は華風院励の雅(裸体)ですね。後半のはP80サイトのギャラリーから個別に指定できるので作者の違う絵柄の組み合わせでも製作が可能という特徴があります。

印刷後の縫製工程は別業社に任せてるのね。だから納期に若干期間が必要になるわけね。(多分ある程度まとめて送ってる筈だからその分期間が必要になるかと。)

キーワード:
この記事のURL:
投稿者 by 羅魅亞★ on 2008年5月27日 pm4:00 | 雑記

ページ 1 / 212